子供のアトピー治療|御申じょう療法 龍勢舎 石川県金沢市新神田5丁目35 

御申じょう療法 龍勢舎
痛みや難病に著しい効果、多くの実績を上げています

子供のアトピー治療

近年、アトピー性皮膚炎の子供が非常に増えていると実感しています。

アトピーには先天的なもの(皮膚のバリア機能が弱いなど)と生活環境(食品、ダニ、ストレスなど)が原因でおこるもの、それらが組み合わさって起こるものなどいろいろなパターンがあると思われます。

その他に子供のアトピーに大きくかかわっているのが電磁波です。
ゲーム、パソコン、スマートフォンなどで強い電磁波を長時間受け続けている子供に圧倒的にアトピーが多いのは事実です。
現在はあまり問題視されていませんが、近い将来電磁波による健康被害が必ず社会問題となるでしょう。

先にも書きましたが、私の子供は二人ともアトピーでした。
最初アトピーになった時は、言われたとおりゲームやテレビなどを極力見ないようにして電磁波を避け、ごしんじょう療法を毎日することで、すぐに治りました。

しかし、その後二人ともまた以前の生活に戻り数年後同じような時期に二人ともアトピーが再発しました。
弟は素直にゲーム、テレビなどを見るのを止めごしんじょう療法ですぐに治りました。

兄は中学二年でi-podやパソコンに依存しており、i-podやパソコンはやめれないが御申じょう療法だけしてほしい、と頼んできたので断りました。

その後さらに悪化し、母親と皮膚科に行き飲み薬とステロイドを配合された軟膏を処方されました。
塗ればきれいに治るので、今までの生活を変えることなく続けていました。

その後はステロイドを塗って治る、再度悪化するという生活を繰り返し、とうとう皮膚がただれ硬くなり茶色に変色し、かきむしった所はかさぶたとなり血が滲んでいる状態となり洋服を着ていても肘の関節の辺りが何かおかしいというのがわかる状態となりました。
本人は痒くて常に身体を掻きむしっています。

さすがにこの時点で本人もこのままでは大変なことになると気づいたようで、I-podもパソコンもしないので御申じょうで治してほしいと頼みにきました。

顔にはまだ出てきていなかったのでわかりませんでしたが、洋服を脱ぐとかなりひどい状態でした。

その後はi-podは私が預かりテレビ、パソコンも必要最低限しか使わず御申じょう療法を1ヶ月ほど続けて治りました。

これは何を言いたいのかというと、どのような病気や怪我であっても、どうしてそのようになったのか原因を探しまずその原因をとり省くことが大切であり、本人がそれに気づかなければどんな治療をしてもあまり意味がないということです。

この薬を飲めば治る、この軟膏を塗れば治る、などと他人任せにしていたのではいつまでたっても良くならないし、症状が消えたとしても必ずまた再発します。

自分の身体は自分で守る、という考えが大切だと思います。